診療情報が最新のものになりました。外来、入院とも手術件数は増えています。

2019.2

当院は18床のベッドをもつ診療所(有床診療所)で、肛門の病気の治療や大腸検査を専門に行っています。
2009.9 日本大腸肛門病学会より「日本大腸肛門病学会専門医修練施設」として認定されました。
2018.4 臨床肛門病学会(岩垂純一理事長)より「技能認定施設」に認定されました。

週刊朝日Mook「手術数でわかるいい病院2017」、
週刊朝日2018.8.12号、2017.2.10号「手術数でわかる痔のいい病院」に当院が掲載されました。

2018.4

臨床肛門病学会から院長が「技能指導医」に認定されました。

2018.4

院内消火設備の設置のお知らせ
防災設備の整備の一環で、当院では自動消火設備(スプリンクラー)を設置しました。
患者様の安心につながっています。

2016.4

院長より

30年以上にわたって痔疾患の治療に専念してきました。
お尻の調子が悪くて肛門科に受診しようか悩んでいる方はとても多いと思います。
勇気がなくて病院で診てもらわない方も多いでしょう。
肛門はデリケートな場所で、患者様は多くの悩みを抱えています。訴えは多岐にわたり、外来診察でも手術でも患者様の症状をよく理解していないと十分な治療は行えません。
当院では大きな病院と違って、患者様の症状を把握した院長が豊富な経験を生かして責任を持って診察、治療を行っています。

肛門科に行けばすぐに切られる?」というのは間違いです。
痔は悪性の病気(がん)ではないので、くすりや日常生活の改善で治していく保存的治療がまず優先されます。
くすりで治療されている患者様は多くおられます。
「手術しなければ治りませんか?」と心配そうにたずねる患者様に「まず、くすりで治療してみましょう」と答えることも多いのです。
症状の重い方や繰り返す場合のみに手術が考慮されます。
その場合もあくまで患者様の意志(希望)が尊重されます。
当院では18床の設備の整った入院施設があり、十分なよい治療を受けられます。
長く入院は無理という患者様には外来または1〜2泊程度の手術も行っています。
幸い当院は、手術後の痛みが少なく、あとの具合がよい、再発がない等で評価されています。「痔」でお悩みの患者様は早めに来院されてご相談下さい。
病状の説明、治療方法について提案します。

手術件数の増加もあり、手術まで4〜6か月お待ちいただくことがあります。
予定を組まれている方は早めに来院、ご相談ください。

※なお、急性の「痔」症状で来院した患者様には早く対応するように心掛けています。
 緊急な手術で痛み等が楽になる場合は緊急な手術を検討する場合があります。

 関連webサイト
痔を専門とする医師を探そう http://jacp-doctor.jp/
じなび http://www.jinavi.com/ いーじーnet http://www.e-zi.net/
内痔核治療法研究会 http://www.zinjection.net/
メール

メールはこちらから

医療法人 彦坂医院 TEL026-226-6930
〒380-0904長野市七瀬中町176(長野信金本店前)